オルチニンには個人差がありますが1日に400mgくらいが平均的な量です

アミノ酸の一種であるオルチニンには、肝機能をサポートする機能があります。人体のタンパク質を構成しているのはアミノ酸ですが、オルチニンは少し変わっていて、互いに結合しない体内に存在する遊離アミノ酸からできています。 遊離アミノ酸は血液中を漂っていて、体中を巡り各器官・臓器の正常なはたらきを助ける効果を持っているものです。適量のオルチニンを摂取すれば、肝臓を正常な状態に保ち、二日酔いや悪酔いを未然に防止してくれるのです。肝臓というのは、70%から80%を切り取っても、半年後には元の大きさに戻っているほどとても高い再生力を持っているため、少々痛めつけられたとしてもこれといった異状もなく機能しつづけます。そのため、肝臓の不調に本人に自覚症状が現れないことも多く、症状が外部に出るころにはすでに病状が進んで手遅れになっていることも多く、このため肝臓のことを「沈黙の臓器」と呼ぶことがあるのです。アミノ酸の一種には、ほかにもシトルリンとアルギニンがあり、サプリメントとしても販売されています。オルチニンには成長ホルモンの分泌を促進する作用があり、他のアミノ酸とオルチニンが一緒のサプリに配合されることもあります。このため身体を鍛えたい、運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が衰えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)好きの男性・女性にもオススメできます。健康の維持や増進に加えて、美容目的やダイエットといった効果も狙って、オルニチンサプリを飲む女性も、このところ多いようです。オルニチンは身体で生成されない成分なので食物等から取り入れなくてはなりません。しかし、十分なオルチニンをご飯によって摂取するには膨大な量のご飯が必要になります。オルチニンサイクルの活性化のために必要とされるオルチニンには個人差がありますが、1日に400mgくらいが平均的な量です。それをオルチニンを豊富にふくむしじみで摂ろうとすると一日1000個以上になります。肝臓ではオルニチンサイクルの他に、もうひとつのサイクル、TCAサイクルもおこなわれます。このもうひとつのサイクルは肝細胞の中で機能している代謝回路で、炭水化物に加えて、脂質やたんぱく質からATPを作り出すはたらきがあります。ATPは筋肉などを動かすエネルギーで、生命活動の維持には絶対必要なものです。アンモニアはこのTCAサイクルを妨害してしまうのです。オルニチンを摂取する目的は、人によってちがうでしょう。ただ、たくさんの人に知られているオルニチンの効果は、体全体の代謝力を上げることによって、体脂肪を燃焼させるということです。お酒を頻繁に飲んでいて肝臓の数値の悪い方、肝臓が弱ってしまっている方や、スッキリと痩せたい方などには、最高の成分だといえるのです。オルチニンの摂取量については、その目安は1日あたり500mgから1000mgほどと言われているのです。500mgから1000mgでは幅があり過ぎると感じるかもしれませんが、個体差といって、人は身長持ちがえば体重(ダイエットというと、つい体重の増減ばかりを気にしてしまいますが、そういうダイエットはリバウンドの元でしょう)も異なり、胃腸にも同じように差があります。適正量を知るためには、服用する量を_日変えながら、自分のちょうどの服用量などを見つけるのがいいと思います。オルチニンはオルチニンサイクル機能によって、アルコール分解に伴って、発生するアンモニアを解毒する作用もあるため、理想的なアルコール処理が可能になります。この目的でオルニチンサプリメントを飲むならば、持ちろん、先にサプリを飲んでからお酒を飲みましょう。もしくは酔って眠ってしまう前には飲んで頂戴。その後は、寝ている間にオルチニンサイクルが発生し、アルコール分解が滞りなく速やかに進みます。オルニチンは肝臓のはたらきを助けてくれるため、効率的にアルコールの分解やデトックスにも高い効果があります。このため、悪酔い・二日酔いの予防や、酔いが回るスピード(沖縄県出身の女性4人組グループでしたが、人気の絶頂期に解散しました。最近また、再結成しましたね)を抑えてくれる効果も期待することができます。ただ、オルチニンサプリを飲んだからといっても、調子に乗ってアルコールを摂り過ぎると、これまでよりも肝臓の状態を悪くさせることになりますから注意して頂戴。オルチニンサイクルの効果として、アンモニアの解毒と尿素への変換がおこなわれて、腎臓は負担なく簡単に尿として出すことができるのです。一方オルチニンが足りなくなって十分なオルチニンサイクルが起きず。有毒なアンモニア量が多くなりオルチニンの効果が十分に追いつかなくなると、アンモニアの解毒処理に腎臓・肝臓も参加することとなるでしょう。

カテゴリー: トピックス タグ: , パーマリンク